けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜

バンドマンに群がる女の子たちの駆け込み寺

バイトを休みたい時はぎっくり腰を理由にしろ

【広告】

こんにちは!けさぱさです。

 
ワタシは働くのが大嫌いです。というか、縛られるのが嫌いなんだと思います。だって、どんなに自分の好きな仕事に就いたとしても、出勤前は絶対に「行きたくねぇな」って気持ちでいっぱいになりますからね。
 
今日もそんな気持ちでいっぱいになりました。
だから、ぎっくり腰になりました。
 
もちろん嘘ですがね。
 

 

当日欠勤の言い訳にぎっくり腰は最適

 
ぎっくり腰はいいぞ。
当日いきなり休める上に、それから2〜3日くらい、一気に休めるんだから。
 
働きたくても痛みで起き上がれないんだぜ!
来い、っていうほうが無理だよ!
だって、痛すぎて動けねーんだもん!
 
もちろん嘘ですがね。
 
ただ、ニートの時にマジのぎっくり腰になった事もあるけど、ありゃ死ぬほど痛かったし辛かった。ほんとに動けない。息するだけで痛い。死にたくなった。これはマジ。もう2度と本当のぎっくり腰にはなりたくない。
 
 

下準備

 
まず始めに、普段から仕事は真面目にやりましょう。これは重要です。
 
ワタシは「働くのだりぃ〜な」と常に思っているタイプの人間ですが、仕事中は驚くほど真面目に働いています。
更に、どの仕事に就いても覚えが良いほうで、効率も作業スピードも急成長するタイプなので、一気に職場での「出来る人ポジション」まで登ることができます。(もはやこれはワタシの特技)
 
そして、きわめつけは、謙虚な性格!
これ、ワタシのいいところ。
 
もちろん嘘ですがね。
 
まぁ、職場では嘘の人格で生きていたほうが後々何かと便利っすよ。同僚の嫌がる仕事も進んで引き受けるから同僚ウケもヨシ。どこに行ってもお局にも古株にも気に入られる。イージーモード。
 
こんなワタシが仕事をサボろうなんて、職場の人は誰も思わないよね。
 
【広告】
 

助走

 
信頼関係も出来上がり、雑談もできるようになってきたかなぁ〜、ってくらいからは、たまぁに腰の辺りをトントン叩いたりして「最近ちょっと痛くて(>_<)」アピール。そして、「うちのマンション、エレベーターなくて階段なんですよ...登るのも辛くて...」と、劣悪な環境も同時にアピール。
 
もちろん嘘ですがね。
(あ、いや、うちにエレベーターないのは本当だ)
 
「1回やると癖になるんでしょ...怖いなぁ〜怖いなぁ〜と、さりげなく怪奇現象フラグをたてておきましょう。
 

ギックリ腰は怖いなぁ〜

 
 

当日欠勤

こうして訪れた「どうしてもどうしてもどうしても行きたくねぇ面倒くせぇ!」日。
 
あなたはぎっくり腰になるのです!!!
 
痛すぎて動けない。
外に出るにはエレベーターがないから階段を下りるしかない。
その階段すら痛くて下りれない。
病院にも行けない。
 
もちろん嘘ですがね。
 
完璧!!!!!
2〜3日くらいそのまま休んじゃいましょう!!!!!
 
そうそう、ぎっくり腰は「再発」するからね。
後はもう言わなくてもわかるよな?
 
 

自分の時間の使い方は自分で決めよう

 
実はワタシ、バンドをやる前は正社員のサラリーマンでした。
そして、社畜でした。
 
どのくらい社畜かっていうと、
退勤という概念がなく、会社で布団を敷いて眠ったり、
予防接種してたのにも関わらずインフルエンザになった時でさえも反省文を書いたり、
熱が40度近い時は出勤前に点滴を打ってから出勤したり、
手術をしたその日のうちに病院を抜け出しデスマーチ、
等と、身体にムチ打つ勢いでした
 
当たり前に身体壊したよね!!!
あんな生活を4年くらい続けてたおかげで、思考力とかスキルとか忍耐力とかは自信が持てるくらい身についたけれど、もうあんな思いはしたくないんだよね。
 
だから、休みたい時に休むっていうのは、自分の中で決めてる。
いつも頑張ってるんだからいいよね!
 
アルバイトや仕事に行きたくない日は、みんなも一緒にぎっくり腰になろう!!!!
 

 サボりたいならバイトを変えてみるのもひとつの手だよ

www.kesa-pasa.com

www.kesa-pasa.com