けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜

バンドマンに群がる女の子たちの駆け込み寺

ノルマ地獄!ライブに出れば出るほどお金が減っていくバンドマン

【広告】

こんにちは!けさぱさです。

バンドマンはお金がかかる。と、言うと


「えー、どうせ機材に拘ってるからでしょ〜」
by.高校のときコピバンやってた勢

「てゆーかアンタ達まじで飲みすぎだから〜」
by.追っかけギャル

「うんうん、わかるよ、練習するときのスタジオ代が大変なんだよね」
by.ファンの高校生


って言われるんですが、それだけではないんです...

 

そうです。何を隠そう、売れないバンドマンは、ライブ出演にお金がかかるんです!


 

ライブハウスのノルマの仕組み

 

f:id:chu3u:20160928215312j:plain

ライブハウスからライブ出演のお誘い

ライブハウスから「○月○日、ライブやりませんか?」なんてメールがきて「よっしゃー!ライブできるぞー!」と、手放しで喜ぶのはまだ早い!!!

そこには、たいていこんな言葉が書かれています。

チケットノルマ¥2500×10です。
ノルマ以降は50%バックさせて頂きます。
出演のご検討、何卒宜しくお願い致します。

チケットノルマ¥2500×10

要は「2500円のチケットを10枚売ってくださいね」ということである。

バンドマンにライブを観に行くことを伝えると

「○○ちゃんの名前で前売りチケット取っておくから、当日は受付で俺らのバンド名と○○ちゃんの名前を言ってね(^^)」

という様な事を言われるので

「当日なのに名前とバンド名を伝えれば前売りチケットの値段で入れてくれるなんて、
ワタシ、まるで関係者みたい(*^_^*)」

なんて風に思うかもしれないが、これは翻訳すると

「受付で誰がどのバンドを観に来たのか集計してるから頼むから俺たちの名前で入ってくれ

ということなのです。

 

売れ残ったライブのチケット代は自腹

「2500円のチケットを10枚売ってくださいね」

イコール
「それに満たない場合は自腹でチケット代をライブハウスに払ってね」(恐怖)

例えば、お客さんが1人しか来なかった場合、売れ残りは9枚
2500円のチケットが9枚残る。

 2500円×9枚=22500円

22500円をライブハウスに支払わなければならないのである!

【広告】


ライブによってはバックが入る場合もある

なんだよ!バンドマンはライブしてもお金が入らないじゃないか!じゃあなんのためにやるんだよ!と、思うのはまだ早い。

ノルマ以降は50%バックさせて頂きます。

これは「売らなきゃいけない10枚を売り切ったら、そのあとの11枚目からはチケット代の半分をお渡ししますということである。

2500円の半分は、1250円

ということは....
お客さんが11人 来れば 1250円が貰えて
お客さんが12人 来れば 2500円が貰えて
お客さんが13人 来れば 3750円が貰えて
お客さんが14人 来れば 5000円が貰えるのだ!

 

少ないよね!

でもいいんです。ライブできればいいんです。
色んな人に観て欲しいんです。

お金なんてどうでもいいんです。だから沢山ライブやるんです。

 

ノルマには例外もある

お金のことをツラツラと書いてはみましたが、全てのライブにお金を払って出ているわけではないです。

例えば、ライブの日まで1ヶ月を切ってる等、直前のお誘いの場合だと、ライブハウス側もスケジュールを埋めるのに必死なため「ノルマはなしで!」と言ってくる場合もあります。

また、お世話になってるライブハウスだったり、仲の良いイベンターさんやバンドマンの企画だと、ノルマはなかったりもします。

下世話な話、ファンあがりのイベンターからの誘いにはバンドマン側も条件交渉で強く出る事ができます。

www.kesa-pasa.com

 

ノルマがないからといって気を抜いてはいけない

ノルマをかけられないのは「このバンドならノルマをかけなくても人を呼んでくれる!」という期待を持たれているということでもあります。

ノルマなしに甘えて集客を怠ると、2度と呼んでもらえなくなったりします。

 

売れないバンドを観に行くときは、ぜひバンド予約をして、バンドマンを助けてあげてください!

バンドマンに恋する女の子はこちらの記事もどうぞ 

www.kesa-pasa.com

 (2016.9.28.更新)