けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜

バンドマンに群がる女の子たちの駆け込み寺

ライブハウスには怖い場所のままでいて欲しい

【広告】

こんにちは!けさぱさです。

 
「ライブハウスは怖い場所」っていうイメージですが、最近はそんなイメージをなくそうと色んな人達が頑張っていますよね。
 
ライブハウスは怖くないよ!
気軽に遊びに来れるよ!
遠慮なく好きなバンドを観においで!
 
うんうん、確かにその通り!
その通り!なんですが、、、
反面、ちょっと寂しい気持ちもあります。
 

 

ライブハウスに入りやすさは必要か?

 

f:id:chu3u:20160621141728j:plain

初めてのライブハウス

 
初めてライブハウスに行った日のことを覚えていますか?
 
ライブハウスって、外から中が見えないし、なんか扉はすんげぇ重たいし、受付の人の髪の毛とかその辺でみないようなビビットカラーだし、めっちゃ怖かったよね...。
 
でもさ、入っちゃえば、こっちのもんだよね!
ずっとCDで聴いてた好きなバンドのメンバーが普通にフロアとかウロついてるし、ってか狭いからステージも目の前だし...ぜんぜん想像と違ったよね!
 
あー!よかった!勇気を出して入ってみてよかった!楽しかった!他に出てたあのバンドもカッコよかったから、今度また遊びに行ってみようっと!
 
って、いう、これ!
この感覚!
 
この感覚がなくなっちゃうの、個人的にはめちゃくちゃ寂しいんですよね。
 

勇気を出した人にしか味わえない楽しさ

 
未知の場所、ライブハウス。
 
一体どんな場所なんだろう。
どんな人がいてどんな事をしているんだろう。
好きなバンドが自分の街のライブハウスにやってきた。
行ってみたい。でも怖い。
得体の知れない、ライブハウス。
 
そういう気持ちを、ぐぐっと乗り越えて、ライブハウスに足を踏み入れてみる。
 
そしたら、そこは、天国だった!
大好きな音楽が大音量で聴けちゃう場所!
 
最初の一歩を踏み出してこそ味わえる楽しさ。
そういうのを現代で追い求めるのは、もう難しいのかな?
 

ライブハウスには人がいない

 
まぁ、難しいよね。
 
これはバンドマンあるあるだと思うんですが、ふらっとライブハウスに遊びに行ってみても、必ず知り合いと遭遇してしまうんですよね。
 
いつのまにか、ライブハウスの住人、みーんな顔見知り。
新規のお客さん、なかなか来てないよね。
バンドブームも、いつまでたっても来ないよね。
 
狭いコミュニティーの中でやっていくには、限界に近いところまで来ている。だからこそ、入りやすくする必要が出てきてしまう。
 
ライブハウスは怖くないですよ!
ウェルカムですよ!って。
 
【広告】
 
バンドブームがもっかい来てくれたらなぁ。
 
「このバンドかっこよくね!?」ってなって「うちの街にもツアーで来るみたいだよ!」「今度ライブハウス行ってみない?」「2人で行けば怖くないよ!」っていう、若者のやり取りが、増えればなぁ。
 
てか、ライブハウスに入りやすい空気を作ってる今の時点で、ライブハウスにお客さんが増えてないんだから、なんかもうワタシの理想のライブハウス像とか無理なんだろうなぁ、て、悲しくなるよね。
 
ちょっぴり怖い、でも、勇気を出して入ってみたら、とっても楽しくて、また遊びに行きたくなる、不思議な場所、ライブハウス。
 
ワタシはそんなロマンを未だに追い求めているのでした。