けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜

バンドマンに群がる女の子たちの駆け込み寺

ライブ告知のメッセージをブロックするシステムが欲しい

【広告】

こんにちは!けさぱさです。

 
TwitterやFacebookなど各種SNSでの告知は、もはやバンドマンにとって欠かせない作業になっています。
 
中には個別で告知のためのメッセージやDMを送ってくるバンドマンもいます。あれ、たまにならいいんですが、、、毎回やられると、凄いウザくないですか?

 

バンドマンから届くライブの告知メッセージがウザい

コピペのライブ告知メッセージ

 
1度対バンした相手や、遊びに行ったイベントに出演していたバンドマンとは、その場の話の流れからお互いのSNSで繋がる事もあります。
 
それは決して、ワタシ自身のことやワタシのバンドを、彼らが気に入ってくれたからではありません。自分のバンドの利益のために、彼らは必死で色んな人と繋がろうとしているのです。
 
そして、ライブの予定があるたびに、毎回毎回毎回こんなメッセージやDMを送ってくるようになります。
 
========================
こんにちは(^○^)

今週の○曜日に○○でライブがあります☆

○時からイベントは始まってて、僕らの出番は○時からです☆この日は○○が○○だったり、と、とても素敵な夜になるので是非みに来てください♪
 
以下、詳細です!
 
○月○日 【イベントタイトル】
@ライブハウス名
OPEN ○時 START○時
【バンド】○○/○○○/○○○/○○○/○○○/
【DJ】○○○○
【フード】○○○○

いつも応援ありがとうございます!
========================

もうお分かりですね。
彼らはコピー&ペーストを駆使し、クソつまらないメッセージをSNS上でつながった人たちに撒き散らしていくのです
 
コピペ文だとバレないように冒頭に「○○ちゃん、こんにちは!」と、相手の名前を入れてくるバンドマンもいますが、コピペ作業を繰り返すうちに名前を変えるのを忘れ、全く違う名前が入っている状態でメッセージを送ってくるバカもいます。まじダサいね。
 
ってゆーか、最後の「いつも応援ありがとうございます!」とか、テメェふざけてんのか?って思いますよね。
 

バンドマンは上下関係至上主義

しかし彼らもバンドマンの端くれです。自分よりもバンド的な立場が上の人に対しては、このようなメッセージを毎回のように連投することはしません。
 
要はこのようなメッセージが毎回飽きるほどに送られてきた時点で、あなたは相手にナメられてるわけです。
 
ワタシもバンドを始めたばかりの頃は、たまたま対バンしてSNS上でつながってしまったバンドマンから告知メッセージが毎回届くようになりました。
ただ、ワタシのバンドが、小さな界隈でしたが「あ!バンド名聞いたことあります!」くらいのレベルになった頃には、彼らからメッセージが届く事はなくなりました。
 
また、その頃からは、対バンして繋がったバンドマンたちからも、告知メッセージを毎回のように送られることは一切なくなりました。
 
彼らは確実に相手を選んでやっています。
 

なぜライブ告知メッセージを送ってくるのか

さて、なぜ彼らは告知メッセージを「これでもか!」という程に送ってくるのでしょうか?
 
自分のバンドを観て欲しい?もちろん、それもあるとは思いますが、正直なところ、やっぱりノルマ払いたくないんでしょうね!
 
多くのバンドマンは、ライブ前にライブハウス側から「チケット○枚売ってね」と、ノルマのチケット枚数を提示されます。売れなかった場合は残りのチケット代を自腹で払うことになります。
 
▼詳しくはこちらの記事をご覧下さい
実はこのチケットノルマ、バンドによってかけられる枚数が変わってきます。
 
毎回ノルマ無し(チケットが売れなくてもライブハウス側に払う金額は0円で構わないという条件)でブッキングをしてくれていたライブハウスが、他のバンドに対しては我々の想像もつかない程のエグいノルマを提示していた...なんて事も、たくさんありました。
 
きっと、告知メッセージをガンガンに送ってくるバンドマンは、ライブハウス側からエグい金額を提示されているのでしょう。そうでもしないと人を集められませんからね。
 
 

なぜライブ告知メッセージはなくならないのか

なぜこのような望まないメールマガジンはなくならないのでしょうか?
 
答えは簡単です。
実際に告知メッセージがキッカケで遊びに行っちゃう人がいるからです!
 
特に、現実世界ではチヤホヤされずライブハウスに行けばバンドマンに金ヅル要員としてチヤホヤされるが故に自分をモテてると勘違いして何度もライブハウスに遊びに行っちゃう系のバンギャちゃんは、コピペの告知メッセージでも「わざわざ知らせてくれた!」と、大喜びしちゃいます。
 
結構いるんですよ、こういう女の子。
バンドマンから告知のためのDMが送られてくるだけで
「なんかぁ〜、ワタシ1回しかライブ観たことないのにぃ〜、毎回メッセージくれてぇ〜、なんでこんなに気にかけてくれてるんだろぉ〜、っていうかぁ〜、そんなにワタシに聴いて欲しいのかぁ〜、って思ってぇ〜」
とか、バンギャちゃん達は目を輝かせて語り出しますからね。
 
ウザいだけの告知メッセージも数打ちゃこういうバンギャちゃんに当たるんですよ。で、売れないバンドマンは、そういう方法でライブに来てくれるお客さんをゲットして、ノルマの数を減らしていくのです。
 
【広告】
 

ライブ告知メッセージは悪か? 

なんだかんだでお客さん来てくれるんだ!
告知メッセージって効果的だね!
 
って思いましたか?
そう思うなら今から真似すればいいんです。
 
SNS上で片っ端からメッセージをコピペコピペコピペコピペコピペ...
 
でも、わかる人はわかるからね。
あ、こいつ、ノルマやべぇんだな、って。
愛のこもっていないDM、お金のために呼ばれてるっていうのは、やっぱりいい気持ちしないよね。
 
それに、いくら相手の立場が自分より下だと認識したとしても、バンドマンに告知メッセージを毎回のように送るのは効果的じゃないと思うよ。
 
だってさ、バンドマンに告知するくらいなら自分から遊びに行けばいいじゃん!
バンドマンの先輩がお金を払ってわざわざ遊びに来てくれるだけで「まじっすか!」って喜んでくれるよ。後輩も「先輩のバンド観に行こう」ってなるかもしれないじゃん。
 
っていうか、そもそもバンドマンはノルマの仕組みも知ってるんだから、告知メッセージ送ったところで「ノルマやべぇんだ」って悟られるの嫌じゃない?(笑)
 

ライブ告知メッセージは特別な日に絞れ

 
ライブがあるたびに告知メッセージが送られてくるとウンザリします。「あー、またお前かよ」って。もう途中からは返事すら返さなくなります。っていうか、内容も読まない。開封してソッコー閉じるのみ。特にワタシは天邪鬼なので、告知を個別で連投してくるような人のライブは意地でも観に行きません。
 
でも、普段は告知メッセージを送ってこないような人が、告知メッセージを送ってきたら...?
 
「告知かぁ」と、思いつつ、一応、目は通すよね!
 
定期的に送られてくるコピペコピペの告知メッセージよりも、1人1人違ったメッセージで丁寧に送られてくる告知メッセージは、他の告知メッセージがクソなぶん、心に響きます。確かに手間かもしれないけど、そっちのほうが集客は望めます。
 

おわりに

人のことをノルマ要員にしか思っていないバンドマンは、ハッキリ言ってウザいです。
そういうバンドマンは、これからもコピペのメッセージに騙されるレベルのブスバンギャと一生戯れてればいいと思います。
 
ちなみに、バンド界隈では面識のある人同士でSNSが繋がる事が多いと思いますが、ジャズ界隈では見知らぬ相手にも堂々と友達申請をするようですw
 

先日、とあるジャズミュージシャンからSNSに友達申請が来ていたので、承認しました。 あいさつは事前も事後もなし。 それは別に構いません。 しかし、数日経ってからその人のアカウントを見てみると、ライブの宣伝が無機質に並んでいるだけでした。 いわゆる宣伝垢ですね、はいw 恐らくこの人は、僕のブログをどこかで見て、ミュージシャンだ→宣伝垢に加えといたら何かリアクションあるかも、とでも思ったのでしょう。 たぶん僕のことも知らないし、興味もないはずです。

現代ジャズミュージシャンに見え隠れする「さえすれば」という思考 - ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

 

個別メッセージでの告知は程々に!
 
 
当サイトでは告知メッセージにウンザリしているあなたのために、ライブ告知用の返信定型文もご用意しております。どうぞご利用下さい。