けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜

バンドマンに群がる女の子たちの駆け込み寺

バンドマンの彼氏を持つことで生じる優越感には確かにハマりそうだね

【広告】

こんにちは!けさぱさです。

 
最近バンドマンにゲットされてきました。
 
しかし、ワタシにはバンドマンを1人の男としてみるスペックが皆無でした。どうしてもバンドマンとしてのフィルターありきで彼をみてしまい、売れなかった自分は売れている彼に対して劣等感をバリバリに抱き、日に日に「なぜワタシは成功しなかったんだろう」と落ち込んでいくばかり。

 

愛情を越えた悔しさが自分自身に襲いかかる毎日。なんやねん。こっちは恋愛してるんやぞ。消えろ、謎のプライド!しっしっ!あっちいけー!と、するも、やっぱり自分が1番大好きだったワタシは彼に別れを告げました。
 
実に短すぎる恋人期間...だが、しかし!劣等感とは裏腹に、細やかな優越感を感じられたのは、嘘ではない!
 
きっとクソなバンドマンの彼氏となかなか別れられない女の子が後を絶たないのも、この優越感のせいではないでしょうか!?
 

バンドマンと付き合って感じる優越感

バンドマンの彼女

彼のバンド名でエゴサーチが捗る

彼のバンド名で検索すると出てくるファン達の呟き。
 
「今日も○○さんカッコよかった!」「○○さんと写真撮れた!ありがとうございます!」「○○さんのサインげっとw」
 
それに対し、
 
あ、○○さんなら、いま俺の隣で寝てるわ〜。
 
なんていう、よくありがちな台詞をリアルで吐けました。くだらねー
 
 

全然関係ないアカウントでもバンドマンの彼の呟きが流れてくる

ワタシはいくつかTwitterのアカウントを持っています。
 
バンド関連やリアル繋がりのTwitterで彼の呟きや彼のバンドのツイートが流れてくるのならまだわかります。しかし、全く関係のないアカウントでタイムラインをみている時に、彼の呟きや彼のバンドのツイートがリツイートされて流れてくると、結構、ドキッ!とするよね。
 
おう。お前、そんな有名人だったのかい。みたいなね。
なんとなく芸能人と付き合ってる気分が味わえます!!
 
でもそれが逆に「バレたら怖い」という変なプレッシャーにもなって駄目だったね
 
 

バレないように立ち回るスリル

メンバーとマネージャーとスタッフの方や、本当に近しい身内の方には、付き合ってる事を報告していました。彼も「公にして大丈夫だよ」と言っていたのですが、ワタシとしてはあまり他の人に知られたくはありませんでした。音楽じゃなくて彼目当てのファンの子も沢山いるからね、どっかから漏れてくのが怖かった。
 
だから大勢でいる時は周りにバレないように振舞ってたんですが、これ、結構、楽しいね。
 
今までワタシは恋人の存在をファンの人以外に対しては公表してきました。ずっと付き合ってた人が元バンドマンだったのもあって、彼をバンドマンの飲み会に連れてった事も沢山ありました。
 
でも、今回は、近しい人にしか報告していなかった。付き合ってるの隠すのって、結構、楽しいね。(2回目)
 
わざとらしく敬語で話しかけちゃったり、こそこそ同じ空間にいながらLINEでやりとりしたり、楽しかった!
 
 

元彼の自尊心を傷つけられる

実は、先月別れたモラハラ彼氏、( 詳しくは モラハラ彼氏と同棲中 - けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜 をご覧下さい)今回ワタシがお付き合いした彼のことが前から嫌いだったんです。
 
【広告】
 
これも元バンドマンあるあるの劣等感からくるものでして「あいつのバンド別にかっこよくねぇのに何で売れてんの」みたいな負の感情を、ワタシと付き合ってる時からバンドマンの彼に対して持ってました(笑)
 
おーい!
 
ずっと「俺の元からは絶対に離れていない」と信じて奴隷のようにこき使ってた女が、自分の嫌いな男と付き合うってのは、どんな気分だい?
 
自分より格下だと思って散々に言葉の暴力を浴びせていた女が、自分が昔やってたバンドよりも確実に上へ上へと登って行ってるバンドマンの彼と付き合うってのは、どんな気分だい?
 
って感じに書いてみましたが、別にそんなダメージくらってないと思います(笑) どっかからか伝わってるとは思うんですけどね。ずっとボロ雑巾のような扱いを受けてたので、なんとなく自分がスッキリしたいだけです。はい、すみません。発言には気をつけます。
 
 

自分に自信のない子はバンドマンと付き合うと別れられないから注意したほうがいいね

と、まぁ、こんな感じで、色んな優越感を感じることができました!そして「だから次から次にバンドマンとばかり付き合っちゃう子がいるんだなぁ〜」っていうのも、わかりました。
 
ワタシは自分大好き人間なので「ワタシより売れてるお前に耐えられないわ!」と、別れてしまいましたが、これが自尊心の低い女の子だったらそうはいかないと思います。
 
一歩間違うと芸能人マジックがかかってしまうバンドマンの彼氏。
「こんなに素敵な彼は、こんなワタシと付き合ってくれてる」って気持ちから、離れられなくなり、相手がクソなバンドマンだった場合は、そんなあなたの心につけ込んで、、、、もう書くのも怖いから書かない。うん。察して。地獄巡りスタート。
 
優越感は確かに気持ちいい!
でも、それに惑わされないように気をつけるのも大事ですね。
 
まぁワタシは優越感どうこうよりもプライド高すぎて色々こじらせてる部分なんとかしなきゃ駄目なんですけどね!!!