けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜

バンドマンに群がる女の子たちの駆け込み寺

バカな先輩のせいで毎日がパルプンテ

【広告】

こんにちは!けさぱさです。


ワタシには日頃からお世話になっている先輩がいます。お金がなくて女癖の悪い典型的なバンドマンです。名前をリョータ君(仮名)といいます。
そして、リョータ君には彼女がいます。巨乳で小顔でその辺の芸能人よりも美人でお金持ちです。名前をチャンネー(仮名)といいます。

二人のエピソードはこちら 美人な彼女がいたら浮気は辞められる?とあるバンドマンと美人すぎる彼女の話 - けさぱさ!〜バンドマン辞めました〜


リョータ君もチャンネーもワタシと歳は離れているのですが、ワタシは2人にとても可愛がられています。そして、2人とも、愛すべきバカです。

今回はそんな2人とのエピソード(主にリョータ君のエピソード)をご紹介します。

 

バンドマンの先輩が面白すぎて辛い

f:id:chu3u:20161006130233p:plain

居酒屋ぶちきれ事件

以前、ワタシにはめちゃくちゃ好きな男性がいました。ワタシは典型的な尽くす女で、彼には死ぬほど尽くしていました。そんなワタシをリョータ君は凄く心配していました。ワタシが彼の話をするたびに「早く別れたほうがいいよ」「もっといい人いるよ」と、あきれていました。


リョータ君のバンドメンバーはワタシの彼と面識がありました。その関係もあって、ある日、リョータ君とワタシの彼が飲みの席で一緒になりました。

アルコールが進み、みんなの本能がむき出しになる頃、リョータ君が店の中であるにも関わらず、ワタシの彼に掴みかかりました。
リョータ君は後輩には厳しいけれど、基本的には温厚な人です。その温厚なリョータ君がキレたという事で、一気に場は静かになりました。

「いい加減にしろよ!けさちゃんの気持ち考えろよ!」

 

周りのお客さんもザワザワしてこちらに注目しています。

掴まれたワタシの彼は

「人のこと言えんのかよ?テメェーも働かないで女に養ってもらってるだろ。」

と、リョータ君に反撃しました。(※当時のリョータ君は複数の女の子から金銭的援助を受けていました)

その瞬間、リョータ君は魔法のヒトコトを放ちます。

 

「俺はいいの!!!!!」

これぞパンクロッカー。この発言のおかしさに気づいたのはどうやらワタシだけだったようで、他のメンバーは相変わらず深刻そうな顔をして2人をみつめていました。笑っちゃ駄目だ、笑っちゃ駄目だ、ワタシのために怒ってくれたんだから、笑っちゃ駄目だ…。

 

【広告】

駄菓子屋開業事件 

次の日の昼まで飲み続けた時の事です。

良い天気だった事に影響されたのか、リョータ君が「移動型の駄菓子屋さんを開きたい!」と言い出しました。
周りがツッコむ間もなく「場所代もかからないし最高じゃん!まずは公園で噂になるところからスタートだ!」と、夢を語り始めてしまったので、みんなで「もう帰りたいんだけどなぁ」という顔をしながらドンキに行きました。

そして、駄菓子が沢山入ってるセットのやつをリョータ君に買い与えました。


しかしリョータ君は「うまい棒って別にうまいわけじゃないのにねぇ」と言いながら、公園につく前に駄菓子を全部食べ尽くしてしまいました。

 

何しに公園きたんだろう…。

 

水戸と茨城は近い事件

深夜、いきなりリョータ君から電話がかかってきました。リョータ君は大発見をするとすぐに誰かに伝えたい癖があるようで、前々からよく電話がかかってきていたので「またいつもの大発見か」と思いながら電話に出ました。

すると

「知ってた!?水戸と茨城って近いらしいよ!
と、言い出すのです。

意味がわからなさすぎて「あぬゃ」という変な声が出てしまいました。

どうやらチャンネーも一緒にいたみたいで、電話の向こう側からテンション高めの声で「かわって!かわって!もう!貸してよぉ〜!!」という声がきこえてきました。

電話を変わったチャンネーも「ほんとリョータ馬鹿だよね〜」とあきれていました。

しかし、次の瞬間、チャンネーからも謎の発言が飛び出します。
「てか話変わるけどさ〜、水戸納豆って笠地蔵にかぶせるやつだよね〜?


は?


本当に意味のわからないカップルです。2人揃って結婚して別の星に移住したほうがいいと思います。(恐らくチャンネーは水戸納豆と笠地蔵のかぶっている笠が似ているという事を言いたかったのだと思います)

f:id:chu3u:20161006120115p:plain

 

聲の形が読めない事件

リョータ君とチャンネーとワタシの3人で飲んでいた時にリョータ君がこう言い出しました。

「ねぇ!あれ!今あれ流行ってるじゃん!あれ観たくない!?蟹(カニ)の形!

うわー、と、思いました。リョータ君はバカなので、意図的なボケでも何でもなく素で「蟹の形」と言っているのがわかります。
いつものバカ発言なので、いちいち受け止めていたら会話もすすみません。ツッコむのを辞めて、ワタシも「蟹(カニ)の形」で話を通そうとしました。


すると、チャンネーが、すっごい目を輝かせながらこう言うのです。

「あれはね、耳(ミミ)の形って読むんだよ!」


チャンネー、渾身のドヤ顔です。

確かに聲の形は耳のきこえない女の子のお話ですが、それはちょっとストレートすぎるタイトルではありませんか。
リョータ君も「そっか!」とか言ってるし、ワタシはもう何が何やらわかりませんでした。

 

ウサギと鴨

意味のわからないLINEがきました。

f:id:chu3u:20161006123350j:plain

ウサギが鴨。どういうこっちゃ。

(先輩に対するワタシの態度が酷すぎますが、これはいつもの事です)


その後、チャンネーから別件で電話がかかってきたので、「ウサギが鴨って何の事かわかりますか?」と聞きました。

 

チャンネー解説によると

リョータ君がネットの記事でウサギを「1羽2羽」と数える事を知った。

→今までずっとウサギの事は「1匹2匹」って数えてた!

これは大発見だ!

ウサギって鳥なんだなぁ。

鳥といえば鴨だ!

 

という事です。

何その発想。「これは大発見だ」まではわかる。でもそのあとの「ウサギって鳥なんだなぁ。」は謎だし、「鳥といえば鴨だ!」は更に謎。

色々、はしょりすぎだし。

 

まとめ

以前、リョータ君のことをブログのネタにしようと思ってメモ帳を立ち上げた瞬間「今なにしてる?」って本人から電話がかかってきた事がありました。


ニートの第六感はあなどれません。
実は今回も水戸納豆の画像の編集をしている時に電話がかかってきました。

 

こえーよ!

 

なので「インターネットでリョータ君のことネタにしていい?」と、思いきって本人に聞いてみました。


「俺の名前出さなきゃ何書いてもいいよー。」

との事だったので、今回こうして思い切りネタにさせて貰う事ができました。


ありがとうリョータ君!


他にもワタシの周りには、自称•華族の生き残り(?)のヒモや、あだ名が不謹慎の友達がいて、毎日がとても楽しいです。

みなさんの周りにはどんな面白い人がいますか?